アクセス解析
レンタル掲示板

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
プロフィール
お気軽にコメントして下さい。相互リンクも歓迎します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
アーカイブ
おすすめ商品
おすすめリンク

その他リンク

<< BitLockerがかかった | main | 一生懸命・誠実に >>
プログラミング授業

小学校のプログラミングの授業が始まりますね

ロボットキットを使った授業なので興味を持つ子も多いでしょう

そこから「プログラミング言語」に興味を持って勉強して行く子が増えてくればいいですね

「勉強」にもいろんなやり方があります

ほとんど独学でやってきた自分としては「習うより慣れろ」

一から勉強するよりも、多少邪道であっても出来ているものをいろいろ弄って見る

これが近道のような気がします

英語を覚えるときも、文法など後回しで耳から聞いたことを「あっこういう意味か、こういう時に使うのか」と実際に話してみたりして、試して行った方が早く覚えると言いますね

プログラミングもある程度のことを頭にいれたら後は、出来た簡単なプログラムを修正してみます

エラーが起こったら「なぜ?」から色々調べて、「ここのコーディング(書き方)が間違ってたのか」 と気づき「ルール」を勉強します

違った結果が出たら「ここを変えたらこうなったのはなぜ?」から「処理の流れ」を追っていくことができます

そうやって、完成品を色々弄って、グチャグチャにして、知識を習得していけばいいと思います

ただ、昔、短大で簡単なプログラミングをこのやり方で教えていた時に女の子はどうも苦手そうでした

「この意味から教えてください」

一つ一つ理解して進めていくやり方じゃないと前に進まないのです

まあ、正攻法というかこっちの方が正しいやり方なんですが、「プログラムの面白さ」を短時間で理解するにはどうなんでしょう

ほとんどの子が、「プログラミングって難しい」という思いが残ってしまいます

どの程度の子が「プログラミングはおもしろい」と思ってくれたかは分かりませんが、出来た子も出来なかった子も全員単位をあげたのは覚えています^^;

| その他仕事 | 17:04 | comments(0) | - |
コメント
コメントする