アクセス解析
レンタル掲示板

カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
プロフィール
お気軽にコメントして下さい。相互リンクも歓迎します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
アーカイブ
おすすめリンク

その他リンク

<< 子守 | main | 環境依存文字 >>
錨を上げよー座礁編

百田さんの「錨(いかり)を上げよ」の座礁編(第2部)を読みました

おもしろかった(けど、350Pはちょっと長いかな)

主人公(たぶん作者)の就職、大学受験、大学生活編です

「赤尾の豆単」「国立一期、二期」「内ゲバ」等なつかしい言葉も出てきます

東大を落ちて同志社大学に合格。その学生生活の話がほとんどですが多分にフィクションが入っているとはいえ世代が同じ自分の学生時代よりはるかに過激

失恋、勉強、乱闘、はては殺されかけたり・・破天荒な主人公が今後どうなるのか、残りの第3部(漂流編:450P)(たぶん大学中退後の話)も楽しみです

小説はいいです。頭の中に映像を浮かべて日常では得られないような体験をできます。現実からいったん離れてリフレッシュもできます。おもしろい小説を読み終えた時の爽快感は映画のそれにも似てます。

といっても、若い時の自分はまあまあの「本嫌い」(ですので国語が苦手でした)

自分が小説本を読み始めたのは「半村良」の歴史物SF小説から

大学の下宿の近くに古本屋があり、ちょくちょく顔を出してたら店の主人と親しくなってこの本はおもしろくて読みやすいよ と勧めてくれたのがきっかけです

恥ずかしながらその時初めて「本を読むことの楽しさ」を知りました^^;

これまで読んだ本の数など知れてますが、数少ない癒しの時間として小説はこれからも読んでいきたいと思っております

 

| | 19:10 | comments(0) | - |
コメント
コメントする