アクセス解析
レンタル掲示板

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
プロフィール
お気軽にコメントして下さい。相互リンクも歓迎します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
アーカイブ
おすすめ商品
おすすめリンク

その他リンク

<< コンピューター史 | main | 12月 >>
コンピューター史2

1992〜1993年ごろになるとパソコンが広まってきましたが、標準機能のヤツで価格的にはまだ50万位したでしょうか、個人用に持つにはかなりハードルが高かったですね

当時パソコンと言えばNECしかなかったのですが、しばらくしてIBM系のDOS/Vマシンが出てきました

このDOS/VOSによって今までは日本語表示をハードで行っていたのが、ソフトでできるようになったのです、NECからの脱却ですね

雑誌も「DOS/Vマガジン」とかいろいろ出てきて、自分もついに買ってしまいました、「フロンティア神代」(現フロンティア?)のショップブランド品です、最高スペックで50万くらいだったと思います、メモリも当時としては驚きの32MB(GBじゃないですよMB)、それでも同スペックのNECより20万位安いかったような気が・・

そんな高いマシンを買って何をしたかと言うと・・・主な用途は・・・恥ずかしながら・・ゲームでした

(前の会社でお世話になってたHさんはPC9801でPCゲームを作ってらっしゃいましたが、自分はただ遊ぶだけです^^;)

ただ、そのゲームをやりながらパソコンのスペックについての知識が増えていき、組み立ても出来るようになり「PCオタク」となっていきました

Winsow3.1が出て、EXCELが出て、パソコンでソフトを作り出したのは、EXCELのVBAを触りだしてからです

EXCELVBAでできないことをやるために当時のACCESS95を使いながらやっていました(バグだらけで満足に動きませんでしたけど)

その後、VB、昔かじったC、などを使いながら改めてプログラミングの勉強をしていった感じです

ただ、当時はネットもなく知識の取得には「本」が必要、専門書を買いに山口大学前の書店によく通いました、それでなければ、広島の紀伊国屋へ

知識の習得のために費やした時間・費用もばかになりません

それを考えると、今はネットでなんでも分かるしものすごく恵まれています、「インターネット」がアナログ回線でしかできなかったころこんな速度でネットができることを想像していた人は現在の大手のIT企業を立ち上げた人達でしょうか、自分はできたらいいな・・くらいにしか思っておらず「こうなったらあれもできてこれもできて・・」なんて考えにはたどり着きませんでしたね、他にその恩恵を一番受けた人は、「新しい情報・知識」の習得をしようとしていた人達じゃないでしょうか、

なんにせよ、携帯電話もなかった時代から今の時代は想像できませんし、この「コンピュータ」というジャンルでパソコンがこれほどの位置を占めるなど当時は考えられませんでした

数年前、タブレットが出だしたときはパソコンもそのうち無くなると言われていましたがどうなっていきますかねー

個人的には「キーボード入力」が主流である限り取って代わるにしても「パソコンもどき」が限界のような気がします

ただパソコンが無くなる時代がくるのであれば、その時代を自分も見てみたい

そしてはたして自分はそのころ何をしているのやら・・

楽しみです

| 雑感 | 20:54 | comments(0) | - |
コメント
コメントする