アクセス解析
レンタル掲示板

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
プロフィール
お気軽にコメントして下さい。相互リンクも歓迎します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
アーカイブ
おすすめ商品
おすすめリンク

その他リンク

<< 弟 | main | 宛名シール >>
人の役に立つという考え

自分は今サラリーマンではないですが(厳密に言えば給料をもらっているのでサラリーマン?)

サラリーマンだったころ、「出世する人」というのは単に仕事ができる人だと思っていました

でも最初の就職先の同期で出世しているのは仕事ができるのはもちろんですが「誰とでもうまくやる(好かれる)」「敵を作らない」人のようです(決してゴマすりではなく)

周りの人ともうまくやっていけるコミュニケーション能力も備わっている人なんですね

それと、自分の為だけじゃなく周りの人達の為にも仕事をする

自分の事しか考えていないと、こうは行きません

「出世」=「人を蹴落としてでも・・」と結び付けられそうですが、実際はその反対のような気がします。

これはたぶんどの会社でも同じだと思いますし、家庭の中(夫婦間)でも言えるかもしれません

「人(相手)の役に立つ(喜ぶ)事をする」と言う考えは仕事でも私生活でも必要なことなのでしょう

そうなんですね、そういう意味では自分も反省することは多々あります・・はい^^;

| 雑感 | 07:40 | comments(0) | - |
コメント
コメントする