アクセス解析
レンタル掲示板

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
プロフィール
お気軽にコメントして下さい。相互リンクも歓迎します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
アーカイブ
おすすめリンク

その他リンク

よく読ませて頂いたブログ

昨日の話の続きで、介護関係のブログでよく読ませて頂いたブログです

一人暮らしのお母様の介護をなさっていました

http://kotataki.blog.fc2.com/

鹿児島の先生のブログ

https://www.ninchi-shou.com/

他にもいろいろあったのですが、最後まで定期的に見させて頂いたブログです(今も時々覗かせて頂いています)

ご参考になれば

| 介護 | 16:57 | comments(0) | - |
寿命

母を介護し始めた数年前から、ネットで情報を取得したり、他の介護者の方々のブログを見たりしていました

その中のお一人の方のブログが、母と同じ「認知症」で一人暮らしをされていたお母様の介護ブログだったのでずっと読んでいました(もっぱら読むのみでコメント等したことはありません)

お母様の症状に対してサプリ等の参考にさせて頂いたこともありますが、書かれている内容もおもしろおかしく悲壮感などないほのぼのとした内容でしたので、楽しく読まさせて頂いていましたし自分への励みにもさせて頂いていました

昨年母が施設に入ってからはしばらく覗いていませんでしたが、先日久々に覗くと

お母様が4月にお亡くなりになっておられました

入退院も繰り返しておられて、持病があったとのことですがまだ84才とのこと

ブログ主の方も遠距離ではありながら一生懸命介護をなさっておられたようです

(お疲れ様でした たぶん後悔はないんじゃないんでしょうか・・と勝手に思っております)

改めて人の寿命は分からないものです

そして自分も、後で納得できるようできるときにやれることをやっておこう と改めて思いました

| 介護 | 18:44 | comments(0) | - |
働くことの大事さ

最近読んだ本に

「人は一生働くのが自然であり、働くことによって健康寿命も延びる」と書いてありました

そう、母も小さい組合の経理の仕事をやっていました

仕事と言っても小さい組合なので、たまに顔を出して伝票整理をしたり決算書を作るのみ

70or71才の時、入院したことがあってその後

「もう○○組合の仕事やめたら」と自分が言ったことがあります

そのせいかどうか、しばらくして仕事をやめました

あの時、「仕事を続けんとボケるよ」とでも言って仕事を続けさせていたら・・・まだまだ頭も元気でいたのかなー

ふと思ってしまいました

| 介護 | 21:15 | comments(0) | - |
母の介護

昨日、3か月ぶりに母の施設に入りました(6月から面会が許されたので)

部屋はきれいに整頓されていました。御菓子類は棚の上に(あまり食べすぎるとご飯を食べないようなので)

孫の写真をA4にプリントアウトして持っていくと

「まあ、かわいいねー」

他のおばあちゃんたちが寄ってきて

「あらーかわいい。お孫さん?曾孫さん?」

母は「孫よねー」と自分に確認

「ひ孫の〇〇ちゃん」と自分

「ひ孫かねー」と母

元来、子供や赤ちゃんが好きな母なので孫の写真はもう何枚も壁に貼ってあります

言葉はだんだん出なくなってきて、自分でできることも少しづつ減っては来ていますが、明るく元気でいてくれればそれで十分

介護をしていくと、被介護人(母)の様子を日々見ているわけでその徐々に変わってく様子も見ていることになります

するとその過程で介護者(自分)の気持ちにも変化が出てきます

幸い母は暴れたり、人格が変わったり家族と衝突するようなことはありませんでした。ですので認知ではありますが親孝行の延長として介護というものに向き合うことが出来ました

まあそれも母の近くにいて自分の時間が比較的取りやすかったからですが、遠方にいらっしゃる方や仕事で時間が全く取れない方は介護したくても出来ない状況にあるので辛いと思います。

実は母の介護に関しては別ブログで書いていました。記録を日記として残しておこうと思っていたので(今はもう更新はしていません)

気付いたときに書き留める程度でしたので、ボリューム的には大したことはありませんしただの殴り書きに近いかもです。介護されている方々のご参考になるかどうか分かりませんが・・こちらです

| 介護 | 16:26 | comments(0) | - |
親の介護

昨日はゴルフへ。健康の為できるだけカートに乗らず歩くようにしました。そのせいか前半は調子よかったんですが後半は疲れが出たのか実力が出たのかガタガタ。まあそれでも今年の中では一番のスコアでした^^;

一緒にゴルフをした同じ年の広島のY君が(実家は山口)一人暮らしが難しくなってきたお母さんを広島に呼んでいるそうです

自分位の年齢になると、親の介護の問題はどうしても付きまとってきます

父は、二十数年前70で他界しましたがそれまで7〜8年間アルツハイマーの父を母が面倒を見てきました

徘徊で行方不明になったり、いろいろあった関係で母がノイローゼ気味になり「こりゃいかんな」ということで途中で自分も会社を辞め帰ってきました(昔は行政のサービス等もなかったので母は大変だったと思います)

このころは認知症という言葉はなく「痴呆」と言っていました

病院も「脳神経外科」はなくもっぱら大学病院に通い、薬をもらっていました。薬もいろんな薬を試されていました。

今思えば「モルモット」のように実験台にされてたような気がします。それに薬によってどんどん悪化していったような気がするのです(昨今の「薬剤により認知機能障害」問題を見てもまず間違いないと思います)

現在、母も認知症ですが抗精神病薬は一切投与していません。そのおかげかどうかわかりませんが、性格は変わらず、徘徊もなく元気な「健忘症」のおばあちゃんとして施設で生活しています

認知が発覚(というか自分が「あれっ」と思った)したのが6年前の法事です。法事の料理を2か所に頼んでしまっていました、あと親戚への連絡の電話を何度も・・

それでも昨年の7月まではケアマネさんやらヘルパーさんやらディを利用しながら、自分も朝夕訪問しながら(車で10分)なんとか一人暮らしをしていました。(自分の自宅へ呼ぼうかとも思いましたが母も「気を使うから」「ずっと一人暮らしだしこっちの方が楽」という理由で拒否。妻の方も義母の介護もあるので負担にもなるし・・ということで)

「大変ですねー」とは言われていましたが不思議と自分的には大変と思ったことはなく、父の時と違って親孝行できるのでむしろ有り難かったかも。日常生活の中のリズムとしても定着していましたし。

今は施設にはいっていますが、近いこともあり2〜3日に1回は顔を出しています(自分の顔を忘れられちゃこまるので^^;)。「親の面倒を見るのは子供の務め」これは今も昔も施設に入った現在も変わることがないと思います(個人的な考え)。そういう意味では基本、施設に入っていてもいろんな方々にお世話になりながら「介護」は続くのでしょう。

ただ、親の立場としての自分はやはり「子供たちには世話・迷惑をかけたくない」と思っていますけどね

| 介護 | 07:35 | comments(0) | - |
定期検診

午前中、母を連れ出して定期検診のため病院へ

骨の薬(カルシウム剤)をもらうためですが・・

その後、外で一緒に食事

孫(母からはひ孫)に会いたがってましたがあいにくお昼寝中でしたのでかなわず

また、娘が施設に連れて行くと言っていましたのでその内会えるでしょう

認知の高齢者には子供とのふれあいがいいとか聞いたことがありますが、なぜか記憶には残るようです

後、親戚の叔母たちが来た時も同じく

(自分の施設への訪問はいつも覚えていないのに^^;)

午後からは、京都の進学塾さんからTEL。資料を送りたいけどメール添付の容量オーバーで送れないと・・

300MBまで無料でアップロードできるサイトがあるのでそちらへ上げてもらってこっちでダウンロードすることに

よろしくお願い致します

| 介護 | 17:13 | comments(0) | - |
肉うどん

月に一回のケアマネさんの訪問に合わせて母の施設へ

現在のプログラムを今後も続けていくことになりました

それが終わって今日はデイも何もない日なので、一緒にお昼を外に食べに行くことに

近くの道の駅(っぽいところ)で好物の「肉うどん」

前回はほぼ完食したのに今日は少し少な目だったかな

それでも「あー、おいしい」とうれしそうに食べていました

同じ施設に入られているおばあちゃんから

「お母さんは何歳?」

「86です」

「私は88なんです」

とてもそんなお年には見えないお若いおばあちゃんでした

ボケてますので色々とすみません・・という旨のことを言うと

「おだやかで誰とでもにこやかに話されるお母さんですよ」

それを聞いて、施設のみなさんとも相変わらずの接し方のようで一安心

| 介護 | 16:41 | comments(0) | - |
焼き芋

仕事の合間に週3日くらい母の入っている施設に寄ります

そのうち1日は必ず大好物の「焼き芋」を持参します

150円の一番小さいやつです

時間帯はデイがない日の14時〜15時くらい

「わあ、おいしそう」と言ってうれしそうに食べてくれます

おまけに便秘気味な母にはお通じにもいいので一石二鳥です

「もう最近、何が何やらさっぱり分からん」

ボケは良くはなりませんが、変わらぬ明るい性格でできるだけ好きなものを食べて笑顔で生活してもらいたいものです

| 介護 | 21:41 | comments(0) | - |
母を訪ねて

母が老人ホームに入って2か月

週に3日位顔を出しているのですが、大分慣れてきたというか馴染んできたようです

今日も行くとリビングで職員さんとお話し中

「あんた、今来たんかね」

笑顔も多いようです、職員さん達には感謝

とりあえず一安心です

| 介護 | 08:21 | comments(0) | - |
入所

昨日母が老人ホームに入所しました

5月の中旬にショートで転んで大腿骨を骨折、昨日まで入院していました。入院といっても骨がくっつく部位ではないということで入所先が決まるまでの滞在入院でした

運よく、母の年金内で手ごろな費用の施設が空いていたのでお世話になることにしましたがいろいろとその準備で正直仕事もあまり手につきませんでした

一安心といったところですが、母にとっては初めての車椅子生活になりますが、幸い施設も車で15分と近く自分もちょくちょく顔も出せますし、入所者もご婦人が多いようなので穏やかに過ごしてくれたらなと思っています

| 介護 | 07:02 | comments(0) | - |
| 1/3PAGES | >>